男女を産み分けるには、まず正しい排卵日を知る事から。

ホーム > 男女を産み分けるには、まず正しい排卵日を知る事から。

よく読まれている産み分け記事

  1. 排卵日に合わせた女の子の産み分け方法!
    女の子を希望している方は、排卵日の2日前を基準にセックスする事で確率が高くなります。
  2. 中国式産み分けカレンダーとは?
    産み分けを始める段階で中国式産み分けカレンダーをよく聞きます。
  3. 女の子の産み分けの方法別の成功と失敗
    男性が男の子を欲しがるように、女性も同性である女の子を欲しがる傾向にあります。
  4. 男の子を産み分ける方法と成功率
    男の子を産み分ける方法として確率の高いものは産み分け用の潤滑ゼリーを使用する方法があります。
  5. 産み分け出来る病院・産婦人科の選び方
    通うとなると近場の病院・産婦人科にこしたことはありません。また、男の子・女の子の産み分けの指導をしてくれる病院・産婦人科は以前より増えましたが、まだまだ少ないのが現状です。
ご利用者が受けられるサービス
産み分けに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。
サイトの運営について
当サイトは産み分けに関する「書籍」の販売及び広告枠の販売収益により運営されています。

産み分けをする上で大切なのは、タイミングを知ること。
つまり自分の排卵日を知る必要があります。

なぜなら排卵日を利用して産み分けするのが一般的だからです。

通常、女性の膣内は普段は雑菌から守るため酸性になっていますが、排卵日が近づくとアルカリ性に傾いていき、排卵日にはアルカリ性になります。

そして、男性の精子には「X精子」と「Y精子」の2種類があり、どちらの精子が受精するかによって変わります。

X精子【女の子が生まれる】

・酸性に強く、アルカリ性に弱い

・寿命は約2〜3日

・動きが遅い

Y精子【男の子が生まれる】

・酸性に弱く、アルカリ性に強い

・寿命は約24時間

・動きが速い

この特性を利用し、男の子が欲しいのであればアルカリ性になる排卵日を。

女の子が欲しいのであれば、酸性である排卵日の約2〜3日前を狙うのが良いです。

そのためにも、排卵日は正確に把握しましょう。

産み分けポイント表

女の子 希望

男の子 希望

1. 狙うのはX精子
2. セックスは排卵日2〜3日前に
3. 女性がオーガズムを感じないこと
4. 浅く挿入できる体位であっさり性交
5. 膣内を酸性にする「潤滑ゼリー」の使用
1. 狙うのはY精子
2. セックスは排卵日に
3. 女性がオーガズムを感じること
4. 深く挿入できる体位で濃厚な性交
5. 膣内をアルカリ性にする「潤滑ゼリー」の使用

女の子になるのはX精子です。
X精子はY精子と比較して酸性に強く、Y精子にくらべて寿命が長いです。
寿命が長いX精子は、排卵日までの間を卵管内で待つことが可能なので、女の子を授かるには排卵日の2〜3日前にセックスすることが大切です。
また、X精子が酸性に強いという特徴を生かすために、腟内をアルカリ性にしないよう、女性がオーガズムを感じない事が大切です。女性が大きな興奮を得ると子宮頚管からアルカリ性の粘液の分泌が起こってしまいます。
さらに腟の出口付近で浅く挿入して、そこで射精すれば、精子が腟内の酸性ゾーンにいる時間が長くなるため、酸によってY精子の動きが鈍くなり、よりX精子の受精率を上げられます。

男の子になるのはY精子です。
Y精子はX精子と比較してアルカリ性に強く、X精子にくらべて寿命が短いです。
寿命が短いY精子にとって、排卵までの間を卵管内で待つのは大変過酷なため、男の子を授かるには排卵間際、または排卵直後にセックスすることが大切です。
つまり排卵日にセックス、それも1回でなく、2〜3回と回数を増やすべきでしょう。
また、Y精子がアルカリ性に強い特徴を生かすために、通常酸性である腟内をアルカリ性にすることです。
それには女性がオーガズムを感じるのが効果的で、女性が大きな興奮を得ると子宮頚管からアルカリ性の粘液の分泌が起こります。さらに腟深く挿入して、射精すれば精子が腟内の酸性ゾーンにいる時間が短くて済むため、よりY精子の受精率を上げられます。

【 産み分けポイント 共通 】
一番の基本はやはり『基礎体温』になります。基礎体温を測ることからスタートです。
できれば自分の排卵周期を知るため、1~2カ月間、朝目覚めたら体温を測りましょう。
また、より産み分けの成功率を上げる為に、潤滑ゼリーの使用もオススメです。


これまで産み分け法と言えば、科学的な根拠の乏しい占いや陰陽道に頼ったものがほとんどでした。
しかし、近年では産み分けを実践する産科も増え、100%の確率には及ばないものの科学的根拠に基づいた安全な産み分け法が確立されつつあります。

既に欧米では100%に近い産み分けが可能となり、パートナーの同意の上、実践されています。

ハローベビー潤滑ゼリー

産み分け肯定派?否定派?

皆さんは産み分け肯定派ですか?それとも神様に任せたいという否定派ですか?

初産では性別を神様にまかせ、二人目は希望する性別を産み分け風潮が高まり、今では一般的に行われています。

世の中には、眉唾ものの似非産み分け法が数多くある中、ここでは、一般的に産婦人科などで行われているもっとも成功率が高く安全な膣内分泌液のpH(ペーハー)による産み分け法を分かりやすくご紹介します。

潤滑ゼリーを使ったpH(ペーハー)の調節による産み分け法

日本で最も実績のある男女産み分けに使われる潤滑ゼリーなどは、性交前に膣内のpH(ペーハー)を調節する目的の潤滑ゼリーです。

女の子が欲しいカップルは膣内を酸性にして性交をする女の子産み分け潤滑ゼリー
男の子が欲しいカップルは膣内をアルカリ性して性交をする男の子産み分け潤滑ゼリーを使用するようです。

どちらの潤滑ゼリーも適度に膣内の分泌液のpH(ペーハー)をコントロールする、食べても害がない程の安全な潤滑ゼリーで、産まれてくる子供にも影響がないようです。

産み分けゼリー比較

日本で最も多く利用されている産み分けゼリーを比較してみました。

ハローベビー潤滑ゼリー

一般的な産み分け潤滑ゼリー

Hellobaby

製造国

日本 中国

購入方式

通信販売
http://www.hellobaby-shop.jp/
通信販売

値段

8,500円+(税)〜 10,800円(税込)+5,000円(税込)(会員登録費)
※購入には会員登録が必要

内容量

7回分(35cc) 約4回分

衛生度

使い切り衛生パック 洗浄再利用式

使用方法

溶液を衛生パックから直接挿入する。
準備から1分ほどで完了。
固形成分を湯煎し、溶液化した後、シリンジで挿入する。
2回目以降はシリンジを洗浄殺菌する必要がある。

特徴

・使い切りスティックタイプなので衛生的
・精子のエネルギー源である「フルクトース」を配合
・精子が最も活動しやすい最適な粘度(浸透圧)に調整

産み分けの基礎知識:pH(ペーハー)とは

昔、理科の実験でもしましたよね、pH(ペーハー)は酸性かアルカリ性かを計る数値です。

女性の膣内は排卵日以外は、雑菌に負けないように弱酸性に保たれています。
弱酸性と言えば「お酢」です。
酢酸と言われるように弱酸性であり、通常膣内はお酢のような成分で満たされています。

しかし、排卵日に限っては、膣内はアルカリ性になるのです。

ここまでは理解できましたか? 次は、精子の話です。

産み分けに知っておきたい「精子」のこと

精子は既に性別があり、Y精子(男の子)とX精子(女の子)がいます。このY精子とX精子にはそれぞれ違った性質があります。

【Y精子】アルカリ性の海では元気に泳ぐことが出来ますが、酸性の海ではすぐに死んでしまいます。
【X精子】酸性の海では元気に泳ぐことが出来ますが、アルカリ性の海ではすぐに死んでしまいます。

おさらいすると、

この原理を利用して現代の産み分けは高確率で行われています。

妊娠するには排卵日周辺にセックスをする必要があります。

排卵日の膣内はアルカリ性なのに、意図的に弱酸性に保つことで膣内に放出された精子のうち男の子は死んでしまい、女の子だけが卵子にたどり着きます。
その結果、女の子が生まれやすくなります。

その逆で、排卵日周辺からアルカリ性を保つことで、膣内に放出された精子のうち女の子は死んでしまい、男の子だけが卵子にたどり着きます。
結果、男の子が生まれやすくなります。

もう少し複雑な原理もあるのですが、産み分けに必要な知識はこれだけでOK。

どうやって膣内のpH(ペーハー)をコントロールするかというと、セックスをするまえに膣内に挿入する安全な潤滑ゼリーを使います。

弱酸性といえば、「お酢」アルカリ性と言えば「重曹」

どちらも口にしても害のない安全な成分ですが、安定したpH(ペーハー)を保つことができ、かつ膣内に入れやすい専用品を選ぶようにしましょう。

ハローベビー潤滑ゼリー

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。